寝取られ小説,人妻,無料官能小説,

NTR ~寝取られ堕ちていく人妻たち~

集団射精!童貞喪失を美人妻にさせる不良たちの結末とは

読了までの目安時間:約 25分

人妻寝取られ官能小説 『蜩の森』

 

目次を見る

第一話から読む

小説コーナーTOPにもどる

 

 

十四話

 

『暁闇』

 

 

涼と彩乃が監禁されていた家のある小高い丘に二台の車が上がっていった。

 

車の中からは派手な音楽が大音量で流れていて、乗っているのが遊び盛りの若者たちだと推測できた。

 

一台は高級なセダン、もう一台は派手なペイントを全体に施したワンボックスカーだった。

 

家の前の広場につくとワンボックスカーからドカドカと数人の人影が下りてきた。

 

「うおー! なんかこの家さ、ゾンビでも出てきそうだよな・・・」

 

「ゾンビ?俺ら、ゾンビの女とヤらされるんか?」

 

「お前らチンコ噛まれてみてくれよ。ぎゃははは」

 

まだ十代とおぼしき若者たちの、知性を感じられない下卑た会話が静けさを破った。

 

「他に誰か来るんだっけ?」

 

「わかんねー。そこらへん声かけとけって言われたからさ、来るんじゃねえの?」

 

「でもよ、女って一人だけだろ?なんか後でヤルのって嫌じゃね?」

 

「へへへ。だな。ガバガバんなってるし、中出しされまくってぐちゃぐちゃだしな」

 

「早いとこやらせてもらおうぜ。お前、動画取っとけよ」

 

彩乃と涼にとって凄惨な出来事になることは間違いなかった。

 

家の二階では、すでに到着していた智也の後輩たちが彩乃へ陵辱の限りを尽くしていた。

 

腕にタトゥーを入れた加藤が、四つん這いにした彩乃を後ろから犯していた。

 

いっぽうで、ゲンが彩乃の顔を抑えたままペニスを咥えさせている。

 

顔中に精液を塗りたくられ、若い男の生臭いザーメンまみれにされていた。

 

それでもフェラチオは拒否しようとした。

 

すると、縛られたままの涼のほうへ顔を向けさせられ、「こいつのチンポ、ぶった切るぜ。」と脅された。

 

涼に危害が加えられるかもしれないと分かると彩乃には拒否できなかった。

 

再び口元にあてがわれたペニスを前にして、少しだけ口を開いた。

 

すかさず自分のものをあてがうと、

 

「おらよっ!!」

 

腰を突き出すようにしながら、根元までペニスが突っ込まれた。

 

↓スポンサードリンク

 

そのまま腰を前後に動かし始めた。

 

「うぐっ・・んぐっ・・んぐえぇ・・・」

 

喉の奥に亀頭が当たると胃の中のものがこみ上げてきそうになった。

 

「へへ・・たっぷりチンポ食わしてやるぜ」

 

後ろから彩乃を貫いていた加藤の動きも早くなってきた。

 

「う・・んぶ・・んぶ・・うぶぁ・・」

 

バックから腰を叩きつけられるように貫かれ、口も犯されたままの彩乃からは吐き気をこらえるようなうめき声が漏れ続けている。

 

やがて後ろの加藤のうめき声が出始め、射精が近いことが分かった。

 

「おい、全部中出しだぞ、口じゃねえからな」

 

眺めていた智也が加藤とゲンに命じた。

 

すると口の中に射精しようとしていたゲンがあわててペニスを引き抜いた。

 

射精感をたもつように自分でペニスをしごきながら加藤が終わるのを待っている。

 

「よっしっ・・出るぜ!!・・うぐっ・・うおぉっ!!」

 

彩乃の尻を抱えたまま、加藤が腰を密着させている。

 

ときおり尻をピクピクとさせながら、思うさま射精感を楽しんでいた。

 

「はぁ・・はぁ・・ふっ・・・ん・・」

 

口を開放された彩乃はようやく息が吸えるようになり、苦しげに呼吸をしていた。

 

すると待ちかねたようにゲンが加藤を急かした。

 

「おら! 早く代われよ」

 

「あん・・・?・・急かすなよ・・・」

 

まだ余韻を楽しみたい加藤が彩乃の秘部からペニスを引き抜いた。

 

すると、ぱっくりと開いたままの彩乃の大陰唇の奥からトロトロと加藤が放出した精液が流れ出した。

 

「おい、ゲン、加藤のザーメンが出てきてるぜ。さっさとお前ので栓してやれ」

 

智也が命令すると、ゲンがすかさず彩乃の後ろに回り、挿入してきた。

 

「・・ん・・・ふっ・・・ああ・・・」

 

彩乃の口からは苦し気な声が出始める。

 

一度は彩乃の中で放出していたゲンだが、挿入するなり腰を振りながら彩乃の背中を見下ろしている。

 

度重なる凌辱で体力の限界を迎えている彩乃だが、背中から腰にかけて上気したようにほんのり赤く熱を帯びている様が、なんともなまめかしかった。

 

「ふっ・・・・ふっ・・・ふぅっ・・・うっ・・・」

 

「ぁうっ・・・んっ・・ぁんっ・・んっ・・んっ・・」

 

ゲンの口からもれる息遣いと、彩乃が発するうめき声がシンクロするように重なり始めた。

 

↓スポンサードリンク

 

 

それだけでは彩乃がどんな状態でいるかはわからなかった。苦しいのか、あるいは快楽に支配されているのか。

 

束縛されたまま、すぐそばでそれを聞いているだけの涼にはわからなかった。

 

しだいにゲンの表情が苦しげになり、それにともない腰の動きが早くなりはじめた。

 

乱暴に腰を振るため、鼠径部からパチン パチン パチンと乾いた音がし始めた。

 

「おいゲン、お前、二回目にしちゃ早くねえか?そんなに具合がいいか? ふふ」

 

智也に冷やかされても、ゲンの腰の動きはリズミカルなままで止まろうとしない。

 

「うはぁっ!!!」

 

ゲンが呻くと同時に腰の動きが止まった。顔を歪めるようにしながら射精し続けているのがわかる。

 

その時、階下から誰かが上がってくる音が聞こえてきた。

 

部屋のドアが開くと、後から合流してきた若者たちが嬌声をあげる。

 

「マジっすか!!メチャメチャやってんじゃないすかっ」

 

「これAVの撮影じゃないんすよね?」

 

「ってか、ゲンさん中出ししてる最中?」

 

若者たちがニヤニヤしながら、彩乃の裸体をジロジロと舐めるように見ている。

 

「この女、何歳なんすか?わりと若いんすか?」

 

「オッパイでかいすねぇー」

 

舌なめずりするように彩乃を品定めしていた。

 

「おい、お前らもやれ。ただし、全部中出しだからな」

 

智也が若者たちに言い放った。

 

「いやーオレら見せてもらうだけで・・・」

 

「何言ってんだ。さっさとやれ。」

 

「いや、なんつうか、汚れてるっつーか、見られながらヤルってなんか・・・」

 

「・・・なぁ?」

 

躊躇する若者たちだが、本音は先輩たちがジャマだと思っていた。

 

「お前らがやらねえんなら別にいいけどよ。共犯だからな。」

 

「へ?」

 

「ヤってもヤらなくてもよ。見たよな。」

 

「はぁ・・・あ、はい・・・。」

 

「どうせならヤっとけよ。まだまだ来るからな。」

 

「そうなんすか・・・」

 

「もうすぐ中学生も来るからな。そいつらより先にやっとけばいいんじゃね?」

 

先輩格のノブにもけしかけられ、すこし緊張しながらも床にうつ伏せになったままの彩乃を眺めている。

 

 

↓スポンサードリンク

 

白く長い脚と引き締まった腰まわり、床でつぶれていても大きな乳房なのはよくわかった。

 

抜群のプロポーションの女が股を閉じることもせずにぐったりとしている。

 

「あ、あの、オレらの好きにしても・・・?」

 

「ああ、いいぜ。ただし最後はマンコの中で出すんだ。あとは好きにしろ。」

 

「なんならアナルもいいぜ、ひゃひゃひゃ。したことねえだろう?ケツはよ?」

 

「そうっすか。じゃぁ遠慮なく・・」

 

「はい・・・でも・・・」

 

若者の一人が少し緊張しながらノブの顔をみた。

 

「でもなんだ?」

 

ノブにすごまれてビクビクしながら答えた。

 

「いや、オレらだけにしてもらえるほうが・・・

 

ヤリやすいっていうか・・緊張・・・するよな・・・?」

 

「ふん!お前らビビッてんのか?緊張? んじゃぁオレが手本見せてやるよ。」

 

すでに回復しているノブが自慢の巨大なペニスをしごきながら彩乃に近づいた。

 

「いいか、やらねえとどんどん後回しだからなー」

 

そういいながらうつ伏せのままの彩乃の手をつかむとあおむけにさせた。

 

その美しい顔だちとモデル並みのスタイルを見た若者たちの目つきがギラギラしていた。

 

ノブが彩乃の両足首を持ちながら股間のあたりを見えやすく開いた。

 

「めんどくさいこと考えんじゃねえよ・・ここに・・こうやって・・・」

 

男たちの精液まみれの彩乃の秘部にペニスをあてがうと、そのままいっきに挿入した。

 

「こうやって・・・いくらでも入るぜ・・・」

 

彩乃の両足を上に持ち上げ、わざと見えやすいようにしながら腰を密着させ、ゆっくりと挿入感を楽しんでいる。

 

ノブがピストンをするたびに彩乃の大ぶりな乳房がゆさゆさと前後に揺れている。

 

三人の若者は生唾を飲み込みながら眺めていた。

 

「あ、あの、オッパイさわっても・・・?」

 

「おお、触れ・・・揉むなり好きにしろ・・」

 

三人は顔を見合わせながらしゃがみ込んだ。

 

絨毯に上半身を投げ出すようにぐったりとしている彩乃の白く大きな胸を揉んだり乳首をつまんだりし始める。

 

ノブの動きに合わせて揺れているが、彩乃は目をつぶったままで声を発することもなく若者たちのなすがままにされている。

 

「よ、よし・・・オレも・・」

 

ベルトをカチャカチャとせわしげにはずしたそいつはブリーフを脱いだ。

 

 

中から飛び出すように出てきたペニスを片手で添えながらどうにかして彩乃の口に入れようとしていた。

 

別のヤツはひたすら胸を揉みながらその感触を楽しんでいるようだった。

 

するともう一人の一番幼い顔をした若者がスマートフォンを取り出すと動画で撮影し始めた。

 

「オレの顔は撮るなよ・・あ?」

 

「はい、大丈夫です。あとで楽しむだけなんで。」

 

腰を動かしているノブの顔に汗が浮いていた。

 

「よおし・・・そろそろ・・・お前らに代わってやらねえとな・・へへ・・」

 

しだいに腰の動きも早まり、彩乃の腰をしっかりと両手で持つとフィニッシュを迎えようとしている。

 

「今夜は・・何回でも・・・ヤれそうだぜ・・うりゃああっ!!」

 

腰の動きが止まると、そのままがっちりと抱え込むようにしてたっぷりと膣内に射精させていた。

 

「おおっし・・・出たぜえ・・おら・・早いもん勝ちだ・・次はだれがヤんだ?」

 

すると胸を揉んでいたヤツがすかさず彩乃の下半身に取りつくように体を差し込んだ。

 

もどかしそうにジーンズを膝まで下ろすとパンツを素早く下ろした。

 

「くく・・お前、素早いな!・・そんなにヤリたかったのかよ。」

 

彩乃の秘部からノブが出したものがトロトロと溢れている。

 

構わずに猛り起ったペニスをあてがうと「ヌプリ」と埋め込んだ。

 

ノブのものとは比べ物にならない小さなサイズだが、若い男の性欲で痛いくらい勃起していた。

 

体を前後に動かしながら彩乃の豊満な胸を両手で揉みしだいた。

 

「すげえ・・オッパイが・・柔らけぇ・・・たまんねぇ・・うぅ・・」

 

つぶやくように言いながら、早くも限界を迎え、うめき声がをだしていた。

 

口を侵していた奴も、はち切れそうなペニスを持て余していた。

 

強引に口をこじ開けてペニスを差し込んでも、彩乃はぐったりとしたままだった。

 

三人目の若者もズボンを脱ぎブリーフをおずおずと下ろした。

 

股間のものはヘソにくっつくくらいにそそり立っていた。

 

「おいおい、お前、包茎のままじゃんかよ。入るのか?」

 

加藤が面白そうに茶化した。

 

「あ・・ああ・・ヤベえ・・出ち・・まう・・ううぅっ!!」

 

彩乃の腰にとりつくように犯していたヤツが射精をしていた。

 

口にペニスを差し込んでいた幼げな若者が、すぐさま続こうとして射精したヤツに近づいた。

 

三人目の丸坊主の高校生のようなヤツが彩乃の口に包茎のペニスをぴくぴくさせながらねじ込もうとしていた。

 

「ん・・・うっ・・」

 

そいつのペニスからする生臭い匂いにぐったりしていたはずの彩乃が顔をそむけた。

 

「うわ・・臭そうなチンポだな、おい・・」

 

ゲンもニヤニヤしながら眺めていた。

 

 

↓スポンサードリンク

 

「お前さ、したことなかったよな・・女と」

 

別の若者が言った。

 

「マジか?・・童貞かよ・・おもしれぇ・・くっさいチンポの筆おろししとけ。」

 

イスに座ったままの智也が残忍な笑みを浮かべながら彩乃に群がる若者たちから視線をそらさない。

 

彩乃に挿入していたヤツも息を荒らげながら腰の動きを激しくしていたが、すぐに動かなくなった。

 

しっかりと射精をしながら荒々しく彩乃の白く大きな乳房に爪を立てるように鷲づかみにしている。

 

「おい・・お前・・・出たんだろ? 早くその童貞くんに代わってやれよ・・」

 

彩乃の口をこじ開け、恥垢まみれのペニスをぎこちなく動かしていたヤツが立ち上がった。

 

「ほら・・はやくヤラしてやれ・・」

 

「だいぶ肉便器みたいになってるが、まあいいよなぁ・・顔は悪くねえしよ。」

 

「チンポの入れ方、わかんのか・・誰か手伝ってやるかぁ・・くくく・・・」

 

先輩たちに茶化されながら、丸坊主は彩乃の下半身に体を近づけた。

 

「おらよ。やりやすくしてやるからよ」

 

彩乃の両足首が左右に引っ張られ、大きく股が開かれた。

 

何人もの男たちに中出しされ、パックリと開いた秘部からは白濁した液がドロリと溢れている。

 

童貞君とからかわれていた丸坊主のヤツは高校生くらいに見えた。

 

 

ズボンとブリーフだけを脱ぎ捨て、彩乃の股間に近づきひざまづいた。

 

そいつのペニスは小さく、仮性包茎のままだが、ピキピキと元気に天井を睨みつけていた。

 

「ほら、見てただろ。」

 

「自分でチンポ持ってさ、先っちょをそこの割れ目に」

 

「う、うん・・・」

 

他の奴らに指図されながら丸坊主は彩乃の秘部に小さな包茎ペニスをあてがった。

 

「そうそう、んで・・そのまま腰を・・・」

 

丸坊主は言われるままにしたが、うまくいかなかった。

 

「もっとチンポをさ、下に向けてこう・・」

 

そういわれる前に腰を突き出すと、そのまま「つるん」とペニスが挿入された。

 

「えぁ・・・く・・」

 

初めて膣の中に挿入した快感のせいで丸坊主の顔が苦し気に歪んだ。

 

膣の肉の壁がペニスをヌメヌメと包み込んでくる初めての感覚ですぐにでも暴発してしまいそうになる。

 

「ほら、腰振れよ、腰。」

 

「はっは・・童貞卒業だな、お前・・」

 

彩乃のくびれた腰に手をまわし、ぎこちなく腰を動かしはじめた。

 

そこで初めてまじまじと彩乃の顔を見た。ぐったりとして目を閉じて、なすがままで抵抗する様子もない。

 

大ぶりな乳房に手を伸ばし揉みしだいてみる。

 

「おい、お前もちゃんと中出しするんだぞ。」

 

智也に言われるまでもなく、ペニスからはドクドクとだらしなく射精が始まっていた。

 

それでも腰を振り続けていると、

 

「ドピュッ」と肛門から突き抜けるような快感とともに大量の精液が放出されるのが分かった。

 

「う・・うぐっ・・・」

 

情けない声をあげながらそいつは彩乃の上に覆いかぶさるようにして果てていた。

 

丸坊主のガリガリの尻がまだビクビクと痙攣している。

 

「次は誰だ?包茎君のあとは・・くく・・」

 

智也がニヤニヤしていた。

 

その時、窓の外にヘッドライトの明かりが見えた。

 

「お、誰かきたな。まだまだ終わんねえみたいだ。」

 

「つぎは中学生でも来たかな・・・筆おろし大会か・・ふふ・・」

 

一回の玄関のドアが開く音がすると、複数の足音が聞こえた。

 

一気に階段を駆けのぼってくるとそのまま二階の部屋を開けていくのが分かった。

 

奥にあるこの部屋のドアを乱暴に開けて入ってきたのは制服の警官たちだった。

 

「警察だ!! お前ら、そのまま動くな!!」

 

部屋の中の異常な状況を確認した警察官の一人がすでに拳銃を手にしている。

 

「・・・ト、トモさん・・・」

 

「なんで・・・」

 

↓スポンサードリンク

 

 

智也の手下たちがその場で凍り付いている。

 

「くそ・・・」

 

憎々しげに涼に視線を注ぐ智也に警官の一人が近づくと襟首をつかまれた。

 

窓の外からは別のクルマのヘッドライトの光も確認できた。

 

赤くチカチカと光るのはパトカーのものなのだろう。

 

ぞくぞくと応援の警察車両が到着してくる。

 

普段は静かに佇んでいるこの家の周りは、今夜だけは明け方まで物々しい空気で包まれることとなった。

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加中です!
あなたの一票が励みになり、

新たな創作意欲につながります。
クリックするだけで投票完了ですので、

ポチッとお願いします!

↓ ↓ ↓

アダルトブログランキングへ

 

 

 

 

⇒第十五話につづく

 

 

 

 

 

●一話から読む>>

 

●小説コーナーTOPにもどる>>

 

 

 

あとがき
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。随分と輪姦シーンが長くなってしまいました。これまでのお話で寝取られ小説としての要素が少し少ないと感じたので終盤のクライマックスとして盛り込んでみました。貞淑な人妻が不良たちに犯され穢し尽くされる様は寝取り、寝取られの両方の要素が入っています。今回の『蜩の森』はややハードなレイプシーンや複数の男たちに寝取られる輪姦シーンがありました。

 

寝取られ官能小説 【小説】『蜩の森』

この記事に関連する記事一覧