寝取られ小説,人妻,無料官能小説,

NTR ~寝取られ堕ちていく人妻たち~

【寝取られ官能小説】『侵す男』あとがき

読了までの目安時間:約 5分

寝取られ官能小説

 

侵す男

目次を見る

第一話から読む

クライマックスから読む

小説コーナーTOPにもどる

 

 

 

あとがき 

 

最終話までご読了いただき、ありがとうございました。

 

今回の『侵す男』はいかがだったでしょうか。

 

結果的には今まで僕が書いた寝取られ小説のなかでは、最も長い作品となってしまいました(汗

 

当初は二十四話までも続けるつもりは全くなく、途中で話を強引に終わらせてしまおうかと思うくらいネタがなくなってしまいました。

 

ところが、このブログへの訪問者さんのアクセス解析を見るとアクセスがどんどん増加していき、

 

平均滞在時間も4分以上とかなり長いことに驚き、嬉しくも思いました。

 

 

おかげさまで、ほんの少しでも楽しみにしていただける方がいるかもしれないと妄想(?)しながら、どうにか書き進めることができました。

 

この作品には参考にした短編小説があり、官能小説のアプリの中に埋もれるように掲載されていました。

 

ですが、その短い官能小説を読んだ当時、胸をえぐられるように興奮してしまったことを覚えています。

 

「寝取られ」とか「NTR」とよばれるジャンルの性癖やそれにまつわる小説などがあることも知らなかったのですが、

 

とにかくその作品だけは何度も何度も読み返してしまいました。

 

強烈な興奮を覚えながら、どなたが書いたものかもわかりませんでしたし、盗用(?)されてネットではけっこう掲載されていました。

 

ご興味があるかたは、「受精現場」のキーワードで検索されると見つかると思います。

 

 

 

さて、この「侵す男」は寝取り男の死というバッドエンドで終わらせましたが、

 

松木の寝取り男としてのキャラはなかなか広がりがありそうだなっと思いながら最後は殺してしまいました(笑)

 

もしもアイデアが浮かんだら、本作の過去を書いてみようかなと思ってます。

 

松木が別の部署にいた頃のお話として、そこにいる女性社員たち、人妻たちを次々に喰いものしていく様を残酷に、エロく書けるかもしれないと思ってます。

 

まぁ、いつになるかわかりませんけど。
寝取られ小説って、書き方によっては大人の恋愛物語にすることもできますし、

女性よりも男性の方が実は嫉妬して興奮するみたいなので、意外とNTR系のアダルトビデオもありますね。

 

 

 

 

さて、せっかくのあとがきなので、本作品の登場人物についてそれぞれイメージとなる俳優さんや女優さんがいますので、キャストをご紹介していこうと思います。

 

 

作品を書き始める前にイメージとなる俳優さんを決めてサイドストーリーも少しだけ構築して書くようにしてます。

 

イメージが壊れるかもしれませんのでここからはスルーしてもらっていいです(笑)

 

今回はあとがきとしてはここまで。ありがとうございました。

 

 
 

●小説コーナーTOPにもどる>>

 
 

 

 

侵す男 cast

 

 

◼竹市 結子(竹内結子さん)※27才当時

◼竹市 卓也(ドランクドラゴン 鈴木卓さん)※27才当時

◼松木龍二(北村一輝さん)ちょっとマッチョなイメージにしてます

◼安田久美子(かたせ梨乃さん)※37才当時

◼富永 絵里加(少し痩せた柳原加奈子さん)26才当時

◼黒川(野性爆弾・川島さん)

◾️ヤクザの近藤(小日向文代さん)

◼藤堂 裕一郎 (國村隼さん)

◼藤堂 由美(横山めぐみさん)※40才当時

 

 

寝取られ官能小説 【小説】『侵す男』

この記事に関連する記事一覧